こんばんは、240CAMPです。

今回は最近買った、ソロストーブさんの「ソロストーブライト」に先日、初火入れをしてきました。

ソロストーブ本体とポットがセットになったコンボセットというやつです。

ソロストーブライトがセットのポット900にスッポリおさまります。


大きさはだいたいこのくらいです。(スマホと並べて)
このポット900にシンデレラフィットする感じがたまりません。

▼ソロストーブライト単体

▼ポット900単体

▼ソロストーブライト+ポット900のコンボ

Solo Stove Lite + POT900 ソロストーブ ライト+ポット900 (コンボ)
created by Rinker

私的ギアとしてのポジション

私は普段、ソロキャンプの時はパーゴワークスさんのニンジャファイヤースタンドを使っています。

ある程度の大きさの薪で焚き火をするスタイルなので、手を出してなかったんですが。

他のyoutuberさんの動画とかを見てると使ってみたくなり、ぽちっと。。

使った感想としては、デイキャンプとか、写真撮影がメインのキャンプとか、さっと火を起こして料理とかお湯を沸かしたい時に良さそうです。

燃焼効率がめっちゃいい!

特にソロストーブライトはコンパクトなのに燃焼効率が良く、現地調達した小枝とかを使って焚き火ができます。

あらかじめ薪などを用意しなくていいので、ミニマルな装備でキャンプしたいときとか最高の選択になりそう。

ハイクとか、移動を前提とした焚き火とかでもかなり機動力を発揮しそうですね。

燃焼効率がものすごくいいので、焚き火の後の燃えかすが少なくて撤収もめっちゃ楽です。

キャンプスタイルに合うかどうか

その反面、じっくりと大きめの薪をくべていくスタイルではないですね。

ゆっくり焚き火を楽しみたい時とか、焚き火で暖を取るみたいな使い方はソロストーブライトには向いてない様に思います。

やりたいキャンプの方向性に対して、焚き火に重きを置く割り合いでみた時に、

じっくりやる薪用の焚き火台と、さっとできるアルコールストーブの中間みたいな位置づけで使っていく感じかなぁと思っています。

すき焼きを作って食べました。笑

まとめ

とにかく火のコントロールが楽で、コンパクト。

料理にも問題なく対応できますし、撤収も楽ちん。

あと、所有欲を絶妙にくすぐるいい感じのギアだと思います。

動画はこちら!

それではまた。
240CAMPでした。

▼ソロストーブライト単体

▼ポット900単体

▼ソロストーブライト+ポット900のコンボ

Solo Stove Lite + POT900 ソロストーブ ライト+ポット900 (コンボ)
created by Rinker

YouTubeチャンネルはじめました!

最新の動きがわかります!